ドイツワーキングホリデー

ドイツワーキングホリデーの参加資格

ドイツワーキングホリデーの参加資格

ドイツの教会

ドイツ入国時の年齢が
18歳から30歳までの日本人男女なら誰でも参加可能。

 

申請は遅くとも
【31才の誕生日の前日までに】行う必要がある。

 

申請からビザを実際に使用する(入国する)までの
期間は最長で3ヶ月。

 

ドイツのワーキングホリデーは、ある一定数の参加者を定期的に募集するものではありません。資格のある人はいつでも自分の予定に合わせてワーキングホリデービザを申請できます。ただし、ドイツのワーキングホリデーへの申請は、一人につき人生で一回だけです。


ワーキングホリデーとは

ドイツの城

Working Holiday(ワーキング・ホリデー) とは、二つの国の間の協定に基づいて、18歳〜25歳の青年(もしくは18歳〜30歳の青年)が違った文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その休暇の間の滞在費用を補うために現地で働くことを認める査証(ビザ)及び出入国管理上の特別な制度です。

 

日本政府とワーキング・ホリデービザ(査証)に関する取り決め又は協定を結んでいる国は、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、中華民国(台湾)、香港の11か国です(発効順)。

 

原則として、一相手国ごとに、一生に一度しか利用できません。ただし、オーストラリアは、2005年11月から一定の条件を満たすことで、2回目のビザ取得が可能になりました。

 

ビザに関する申請条件などは、頻繁に変化をするため、申請に際しては各国の大使館や入国管理局(イミグレーション)の公式ホームページで、正確な公式情報を確認することをオススメします。

 

 

 

トップページに戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ